活動の拠点準備中!

南シャン州交流会の活動地域であるカローの町の郊外に現在カフェを作ってます!

支援先の小学校からは歩いて10分くらい。

普通の集落の一角にある民家を改装して作っています。

 

 

南シャン州は実はあまり知られていないコーヒーの産地。

 

その中でも特に農家さんが副収入を得るため、畑の脇や家の庭などで昔から育てていたコーヒー豆というのがありまして、農家さんの家庭収入向上を目指してSIAではそうした豆を買い取り、昨年の東京のミャンマー祭りでもご紹介して、その味と香りの良さから大変ご好評をいただきました。

 

そのコーヒー豆を地元でもおいしく飲んでもらいたい!そう思って準備しているのがこのカフェ。

ミャンマーではコーヒーといえばミルクと砂糖が始めからミックスされたものが主流ですが、ここでは自家焙煎のドリップコーヒーをご提供。

 

豆の本来のおいしさを感じていただけるお店として準備を進めています。

 

で、このカフェのひと部屋にSIAの現地事務所を設ける予定です。

店舗を使って現地の人たちと支援者やスタディツアー参加の方たちとの交流も行いたいと思っています。

 

コーヒー豆の製品化も完了!

諸々の許可を取って早く日本の皆様にもお届けしたいです。

 

カフェの名前はcafé kalaw、コーヒー豆の名前も同じです!

 

5月中のオープンを予定しています。

とはいえ既にコーヒーをご提供できる状態にはなっていますので、

もし南シャン州のカローにお越しになる予定の方はお知らせください!