ミャンマー祭り2015 ご報告


ちょっと遅くなりましたが先日のミャンマー祭り2015のご報告をさせていただきます。

 

今回は南シャン州で収穫された無農薬のコーヒー豆を使って淹れたコーヒーをご来場いただいた皆様に飲んでいただく、というのがメインでしたが、結果は大成功!多くの方にコーヒーを楽しんでいただきながら南シャン州でのSIAの活動を知っていただき、ご寄附や物品販売の売り上げも予想を大きく上回るものとなりました。

 

お越しいただいた皆様、そして事前準備から当日の対応まで尽力してくださったミャンマー人、日本人の協力者の方々、本当にありがとうございました!

 

 

←すっきりとした秋空のもと、今年もたくさんの来場者がありました。

 左側ののぼりの見えるところがSIAのブース!

今年もミャンマー人の方が手伝いに来てくださいました!


右の女性が持っている銀色の入れ物はミャンマーの僧院やパゴダ建設などの寄附を求めるときによく使われるもの。

路上に立って、入れ物の中にコインなどを入れてジャラジャラと鳴らして寄附を求めます。今回は理事が直々に現地で購入してきました。この「ジャラジャラ」効果も効いたのか?今回はたくさんご寄附をいただけました!

今回、のぼりやシート看板はミャンマーで作りました。画像データにすれば日本語でもOK。なかなか綺麗な出来でしたが、とっても安く仕上がったので満足!







通りが激しく賑わう中、コーヒーを飲んでいる方が!会場は夕方には結構冷え込んできていたため、他のブースの方が暖を取らせてもらえた!と喜んでいただき、まわりの方に宣伝してくれた方もいて感謝です。


祭りの後、コーヒーの製品化についてや現地の視察についてなど、様々なお話をいただきました。この2日間の出会いも貴重な財産となりました。