小学校のドア修繕依頼

 いつもSIAがお世話させていただいているカローの第一小学校。先日、安國理事と川村理事による現地訪問の際に小学校の先生たちに頼まれたのが、老朽化した小学校のドアの修繕でした。

 

生徒が蹴飛ばして外れてしまったり、風の強い日はドア-が風の力で倒れてしまう上、ドアの板の継ぎ目に隙間が生じて、校長先生自ら補修をしている有様になっているとのこと。ぜひ支援をお願いしたいとのことでした。

 

ドアは12枚の修繕となりますが、現地の試算では1枚の修繕に8,000円、12枚で96,000円かかるとのこと。

皆様方のあたたかいご支援をお願いいたします。